マレーシア東南線の旅(その1)

2013年2月6日
By murakashi

一昨年の「マレー半島縦断の旅」はバンコクからクアラルンプールまでだった。実は、このときの旅はタイのHat Yaiから東に行き、終点のSungai Kolokから徒歩でマレーシアに入りそこから又鉄道でクアラルンプールに行くというのが最初の計画だった。ところがタイに長く暮らしている友人から分岐点Hat Yaiの町中でもテロが起こったくらいでその先のタイ深南部はイスラム国家分離主義者のテロが頻発しているらしいから止めておけ、と強く忠告され西回りの順当なコースに変更して実行してしまった。その結果、マレーシア側の東南線通称ジャングルトレインという区間が乗れずに残っていることが心に残っていた。

一寸投稿が遅くなったが昨年9月にこの東南線を尋ねたので道中記を以下に披露したい。

話の始まりは2012年の春に遡る。噂では日本でご用済みになったJRの特急用客車がゲージをメーターに変更し、タイだけではなくマレーシアでも最後のご奉公をさせられている、との話が聞こえて来た。それが東南線を定期列車として運行されているシーンをBSフジの番組で見てしまったのである。そしてもう一人その番組を見ていた、昔ダージリンで遭遇しその後何回か韓国へ一緒したM野氏と話すうち、行って撮って乗ってみようではないかと話がまとまった。二人とも時間はあるが湯水のように金を使える身の上ではない、航空券の高い学校の夏休み期間中を避け、料金の一番安くなる曜日を調べ上げた結果9/15(土)成田発、9/22(土)夜クアラルンプール発で往復日が決まった。

先ずマレー半島南部の地図で位置関係を説明する。主要鉄道路線は判りやすいよう黒く塗ってある。一昨年8月、これは一人旅でタイを南下しHAT YAIから西を下りButterworthを経由してKuala Lumpurまで行った。今年は、Kuala Lumpurから南下しGemasで東南線に入り途中写真を撮りながら終点のTumpat迄行く。そしてTumpatからJohor Bahruまで日本から渡った特急車両に乗り、折り返してKuala Lumpurへ戻ってくるという算段である。

これは南北線と称する本線の時刻表である。この時刻表はKuala Lumpurを発着し南北線内を運行する列車しか記載されて居らず、Wood Lands(シンガポール)方面と東南線を結ぶ列車と、Kuala Lumpurと東南線を結ぶ列車は記載されていない。要するに東南線は格が落ちる線なのである。

これが東南線時刻表である。この時刻表は、今回この旅行記を書くに当たって先週マレー鉄道公式サイトからダウンロードしたのだが、去年9月時点と同じく目的の日本から渡った特急用客車を使った18,19列車は未だ記載されていない。正式運転開始から1年経つのに怠慢!と驚いたがこんなことであきれていてはマレー鉄道の旅など出来ない。空欄に両列車の時刻を記入して置いた。尚この列車は隔日運行でJohor Bahru発が月水金、Tumpat発が日火木である。

列車時刻が判ったところで大まかなスケジュールを日本出発前に以下のように作ってみた。ついでに日本からインターネットで切符も購入しておいた。ローカル区間列車を除き一応全席座席指定ということは、当日満席で買えないことがある(実際3年前にIpohからKuala Lumpur迄の切符が買えずバスに乗らざるを得なかったことがある)ので念には念を入れてである。料金は9/16 Kuala Lumpur/Gemas 13列車 Superior Class(2等座席) 20リンギット、  9/17 Gemas/Tumpat 14列車 同 34リンギット、  9/20 Tumpat/Johor Bahru 19列車 Blue Aircon Day Night First(個室寝台) 150リンギット、 9/21 Johor Bahru/Kuala Lumpur 2列車 Premier Class(1等座席) 64リンギット 日本的感覚では個室寝台が150リンギットというのは安いがそれ以上に2等座席が驚くべき安さである。                                                       

9月16日(日) Kuala Lumpur 0900発 13列車、 Gemas  1204着   Gemas 泊 

9月17日(月) Gemas  0918発 14列車、 車中でロケハン、終点前で29列車で折り返し撮影地近くの駅へ、そこで泊

9月18日(火) 18列車を撮影後84列車で後追いTanah Merah 1623着 タクシーで付近の適当な場所へ、19列車を撮影後列車又はタクシーでPasir Masへ、 泊

9月19日(水) 国境を越えタイのSungai Kolok(駅)へ行きタイ国鉄と遊ぶ、Pasir Mas 泊

9月20日(木) 下ってくる18列車を適当な所で撮影、その後タクシーで追いかけTumpatへ、Tumpat 1700発 18列車、 車中泊

9月21日(金) Johor Bahru 0720着、 Johor Bahru 0850発 2列車、 Kuala Lumpur  1456着、 泊

9月22日(土) 昼間は近郊で電車の写真など撮影、夜発で成田へ

と、夜行列車は乗ることも目的の一つ、17日の昼行列車でのロケハン、基本はホテルのベッドで眠るという余裕を持った計画である。既にマレーシアには2回来ていて駅の売店では(マレー鉄道は国鉄、マレーシアはイスラム国家)アルコール飲料売ってないことは判っていたが、コンビニや中国系の経営する店では売っていたのでそれもノーケアで、ビールを車内で飲むため日本からアイスバッグも持参した。 

コメントをどうぞ