無蓋貨車をつくりました

2011年7月18日
By 一刀斉正光

7200に牽かせる貨車をつくりました。鋼製ト20000を木造化したつもりですが、実物はト1として側戸が2枚です。同じようなものが地方私鉄に多数納入されているので、まんざらウソではないでしょう。

ブレーキシリンダと票さしはエコーのパーツですが、他は素材から切り出しました。

 

2 Responses to 無蓋貨車をつくりました

  1. 野口真弥 on 2011年7月19日 at 23:34

    あおり戸のヒンジはどのように作ったのですか?
    まさか可動ですか?

    それにしてもこれを素材から切り出してしまうとは、とても真似できません。

  2. 一刀斉正光 on 2011年7月21日 at 17:53

    側板をとめる帯板は0.8㎜0.2tでこれを下へ延ばして小さく丸めて、軸として0.4∅を通して両脇にエコーの細密パイプを小さく切ってかぶせました。
    少しオーバースケールかも知れませんが思ったよりきれいに仕上がりました。
    可動だったらいいのですがダミーです。

コメントをどうぞ