三陸沿岸 公共交通の旅 一日目

2012年9月9日
By 野口真弥

津波の襲来から1年半。被災地はレンタカーで何回かに分けてほぼ全域を訪れましたが、今回は公共交通機関だけで走破を試みる旅です。 まずは金曜日の終業後、会社からそのまま八戸まで行って駅前泊。

陸中八木→有家

9月1日、八戸線で南下を開始。八戸線はすでに復旧しており平常どおりの運転ですが、車窓には津波の被害を受けた光景が目につきます。久しぶりに「非冷房」の列車を堪能して久慈に到着しました。

久慈で列車を一本落として、三陸鉄道北リアス線で南下を続けます。土休日は「リゾートうみねこ」として八戸線から直通運転されている列車で(平日は一般の列車で接続)、3両編成の車内はツアー客でいっぱい。危うく満席で座れないところでした。

田野畑駅にて。「リゾートうみねこ」からツアー客が下車。

久慈〜田野畑はリアス式海岸の険しい地形で、線路は海岸に近付くことができずに標高の高いところを進みます。そのことが結果的に津波の被害を免れる要因になりました。当日は天気もよく、海を見下ろす素晴らしい車窓を堪能したツアー客は田野畑駅で待ち受けるツアーバスに乗り換えて行きました。竜泉洞にでも行くのでしょうか。 田野畑から小本は今回はじめてのバス。

さて今回、鉄道不通区間を走るバスには3つのタイプがあることがわかりました。

  1. 代行バス
    列車の代わりに運転されているバスで、原則として鉄道駅(前)にのみ停車。鉄道の切符で乗車可能。
  2. 連絡バス
    列車に接続しているが、路線バスの扱い。鉄道の切符では乗車不可。(定期券は可の場合もあり)
  3. 路線バス
    鉄道とは関係なく運転されている。ただし、鉄道の不通を受けてルートの一部変更や増発を行なっている場合もある。 鉄道の切符では乗車不可。(定期券は可の場合もあり)

田野畑〜小本はタイプ2の連絡バスでした。乗客は15人くらい。

小本駅にて。田野畑〜小本の連絡バス。

この区間は国道も沿岸から離れているので、仮設住宅が点在する以外は特に津波の影響を感じることもなく小本に到着。小本〜宮古は再び北リアス線に乗り換え。

小本駅にて。

出発10分くらい前になったところでツアーバスが到着して、またもツアー客がドドッと乗車してほぼ満席になりましたが、久慈〜田野畑に比べると景色は単調でツアー客は退屈気味でした。訊けば、今晩は浄土ヶ浜に泊まるとのこと。観光でも物見遊山でも、地元でお金を使うことで復興の助けになればいいと思います。

宮古からは山田線に相当する区間、タイプ3の路線バス(岩手県北バス)です。地元の学生さんで混雑していました。彼らは「じゃぁねー」と友達に手を振ってバスを降りて行くのですが、バス停のまわりの建物は津波で流されていたりします。環境は震災前から大きく変わっていますが、すでにそれが日常になってしまっているという印象です。

壊滅的な被害を受けた陸中山田の市街地を抜けて、その先の高台にある「道の駅やまだ」で下車。乗り換えはその一つ先の「船越駅前」でも可能です。

「道の駅やまだ」にて。岩手県北バスエリアを抜けて、岩手県交通エリアへ。

引き続き路線バスで南下、ここからは岩手県交通のバスです。沿線は「復旧」にはほど遠いですが、高台には新築された住宅や店舗、工場もあり、津波被災地でもなんとか残った二階だけでとか、仮設の店舗で営業している飲食店などが増えてきました。困難な状況ですが力強さを感じました。

乗客はどんどん少なくなり、最後は私一人になって釜石駅前に到着。一日目はここまで。浸水被害から復旧したホテル泊。

コメントをどうぞ